ETCのこと

ETCについて知っておきたいこと

前払い割引のお得なポイント


電子料金収受システムというのがETCの正式名称で、高速道路のノンストップ自動料金収受システムをETCと呼んでいますが、使用するためには、ETCカードとそのカードを入れて使用する専用の機器が必要になります。本来、その機器とカードで、高速道路の料金所では、止まる必要もなく支払いができて通過できるはずですが、全ての高速道路にETCが整備されているわけではないので、ETCカードを料金所の職員に手渡しをして支払いをする、という処理がなされている場合もあります。残念なことに、既に新規の受付が終了してしまっているETC前払い割引サービスですが、そういった料金所では、ETC車載器がなくても、登録済みのETCカードがあれば割引サービスが利用できるようなのです。社内で営業用に複数の車を使っていて頻繁に高速道路を利用する場合や、家族で複数の車を所有している場合などでも、高速道路による長距離移動が必要になった時には、この割引サービスを利用すると、かなりお得になるのではないでしょうか。50,000円の前払いで、8,000円分余分に利用できるというのは、結構大きいはずです。1回分のガソリン代が割引分でまかなえるかもしれません。


深夜割引のお得なポイント


ETC割引は一昨年までその大幅な値引きがユーザーにとって非常にありがたいものでした。一時は週末1000円とまで行き過ぎとも思える時代がありましたが、その後も半額を筆頭に非常にありがたい割引サービスでした。しかし、現在となってはその割引は大幅に削減され、最大の割引幅も3割にまで縮小されています。現在のユーザーにとって最も恩恵を受けやすいETCの割引は、「休日割引」と「深夜割引」の2つです。いずれも3割引きが適用されます。休日割引は文字通り土日祝日の高速道路使用が3割引きになるものですが、深夜のほうについてはいくつかの適用例があります。この割引は深夜0時~4時という枠を持っているのですが、高速道路の滞在時間中のどこか一部でもこの時間帯にかかれば良いというものですので、この点を把握しておけば少しの調整でお得に活用することができます。例えば、長距離の旅行であれば夜の少し早目の時間に出発して疲れが出るまで運転士、PA等で夜中に十分な休養をとって明るくなってからまた走行するという方法があります。また、最終目的地に深夜0時頃の到着を目指しておいて、最後のSA等で時間を調整し、0時を過ぎてからゲートを出ればこれもお得な割引対象です。深夜のお得は事前の計画で上手に活用することができます。


ETCの多彩な割引やメリット


自動車でのお出かけに欠かせないETC。ETCを利用するには、専用の車載器を設置する必要があります。設置費用を考えて、ETCの利用を踏みとどまっている方も多いのではないでしょうか。ETCの利用で得られるメリットは、その費用を越えるほどたくさんあります。まずは、高速道路の料金所をスムーズに通過できることです。今まで現金派だった方は、驚くほど簡単にゲートが通過できます。特に左ハンドルの方にはぜひ使っていただきたいです。窓を開ける必要がないので、今までのように料金所で体を目一杯のばしてお金を渡すことはなくなります。ETC利用の一番のメリットはやはり割引制度です。各高速道路会社によってさまざまな制度が導入されています。時間帯によって料金が安くなるものや、休日や平日に利用すると値引きされるものなどがあります。利用した料金に応じてポイントが貯まる、ETCマイレージサービスというものもあり、ポイントが貯まると通行料金に還元されます。いずれも渋滞の緩和や、地域の活性化を目的として取り入れられている制度です。今まで行ったことがない地でも、高速道路なら時間を無駄にせず、安全に移動することができます。ETCを使って、快適にお出かけしましょう。


分離型のメリット


ビジネス女性09高速道路の料金を、運転手が直接料金所の係員に支払う必要がなく、運転したまま自動で決済してくれるETCは便利なものですが、これには専用のETC車載器が必要で、いくつかのタイプに分かれています。
ETC車載器のしくみとしては、ETCカードを差し込む本体と、ETCゲートに付けられた無線の装置との情報のやり取りをするアンテナの、大きくは2つからなりたっています。
そのなかでも、本体とアンテナが一体になっているものを一体型、別々になっているものを分離型として区別しています。
本体とアンテナが分離されている場合には、アンテナはフロントガラスの真上などの電波を拾いやすいところに、本体は運転席の下部などの目立たないところにそれぞれ設置することが可能です。
その結果として、車載器に差し込んでいるカードが外からは見えにくく、防犯上の効果があるほか、コンパクトカーなどの室内がせまい車種については、大きな機器をダッシュボードなどに据え付ける必要がなく、車内空間が快適に利用できるといったメリットがあります。
本体とアンテナの配線の取り回しがそれぞれ必要になるという点はありますが、こちらについてもカー用品店などプロに施工してもらえばそれほど気になるものではありません。


一体型のメリット


ETC車載器を自動車のなかに設置すれば、高速道路や有料道路でめんどうな料金収受が必要なく、無線で自動的に料金が決済されるために便利です。このETC車載器は、アンテナと本体という、大きく分けると2つのパーツがあり、これが別々に分かれているのが分離型とよばれるタイプのもので、現在はどちらかといえば主流になっていますが、アンテナと本体が一緒になった、一体型とよばれるタイプのものも存在しています。
アンテナと本体が一体のタイプは、自動車のダッシュボードに設置されることが多く、パーツが少ないために分離型よりも配線などの設置の手間がかからないというメリットがあります。また、分離型に比べると、価格的にも安いものが多いというのも特徴といえます。さらに、ETCカードが挿入されていることが外からも確認できるため、車外に出るときにETCカードを取り忘れる心配がないといったことも挙げられます。
欠点としては、ダッシュボートに設置すると運転席からの視界のさまたげになって邪魔だということがありますが、最近では本体をきわめて小さくして、バックミラーの後ろのフロントガラスに設置できるような製品も登場していますので、こうした懸念は払拭されつつあります。


ETC車載器の種類とそれぞれの特長


ビジネス09近ではETC車載器というものを利用する人が増えてきたのですが、これは車の情報を料金所のアンテナと無線交信するための機器のことを指しています。ちなみに、これだけで通行料金の支払いをすることはできないため、料金所で使用する場合には事前にETCカードを挿入しておく必要があります。購入や取り付けは近くのカーディーラーやカーショップなどで行うことができます。この機器には大きくわけて2つのタイプがあり、まずはカード挿入部とアンテナが一緒に収まっているものがあるのですが、これはダッシュボードの上などに置いて使用することになります。また、カード挿入部とアンテナが別々になっているタイプの場合、アンテナはダッシュボードやバックミラーの裏などにつけ、本体は好きな場所に置くことができます。セットアップとはETCを利用する車両の情報を書き込むことなのですが、情報発行元とオンラインでやりとりできる店舗ならすぐに完了します。購入したら店舗がセットアップの申し込みをして取り付けを行ってくれます。取り付けにはだいたい1時間程度かかるということなのですが、店舗の混雑状況によっても変わってくるため、しっかり確認しておきましょう。


マイレージサービスの有無


高速道路や有料道路を、頻繁に車で利用する人にとっては、料金の支払いや道路に入る為の手間を減らすことができるETCを活用すると便利でしょう。ETCを利用するためには、クレジットカードやパーソナルカードが必要になりますが、それらのカードはどのような基準で選んでいるのでしょうか。
何も考えずにETC用のカードを選んでいるならば、もっとお得なカードがあるかもせれません。そのお得なサービスがついている、またはつけられるカードなのか調べた方が良いでしょう。お得なサービスの一つがマイレージなどのポイントサービスです。
ポイントはクレジットカードだけのサービスではないかと考えている人もいるかもしれませんが、そのようなことはありません。パーソナルカードでも貯められるものもあるのです。たまったポイントを活用すると、普通にカードを利用しているよりもずっとお得に利用できるのです。
ポイントサービスがあるかどうかの確認はもちろんですが、その利用方法も調べておいた方がより良いでしょう。利用期限が定められているポイントならば、定期的に利用した方が良いのです。
ポイントサービスがあってもなくても、有料道路の料金は変わりはありません。ならば、普段の生活でお得になる方法を選んだ方が、良いかもしれません。


コストになる、年会費の有無


ビジネス07車を動かすにはガソリンが必要となりますが、このガソリン代というのが車の維持にかなり大きなウェイトを締めるだけに少しでも安くしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。
そこで、そのような時にはガソリンスタンドが発行しているクレジットカードを発行することによって、ガソリンを割引価格で入れることができるため、節約につなげることができます。
しかし、ここで気をつけたいのがせっかくガソリン代を節約する目的で作ったにもかかわらず、クレジットカードに年会費がかかってしまって損をしてしまったということがないようにすることが大切です。

そのため、一番良いのはこのような費用がかからない無料のカードを選ぶことですが、還元率によっては費用がかかってもそれ以上の割引を受けることができるものもあるため、年間にどのぐらい給油をするか考えてあえて費用がかかるカードを選ぶといった方法があります。
また、基本的にはお金がかかるもののカードの使用状況によってはその費用が免除されるものなどもあるので、ガソリンをお得に入れることができるクレジットカードを作ろうと思った時にはこのようなカードの発行にかかるコストの部分も注意して選ぶようにしましょう。


失敗しないカードの選び方


パソコン02車を使っていますと、高速道路を利用する事が多々あります。
高速道路には料金所があり、料金所の手前で現金を用意しておいて、料金所で停止して窓を開けてお金を支払うという方法が長らく行われてきました。
近年では、ETCカードが登場した事によって、非常に効率的に料金所で高速道路の利用料金を支払えるようになっています。
カードは、各種クレジットカード会社で作る事が出来ますので、ドライバーは普段利用しているクレジットカード会社でカードを作れば、多くの場合問題がありません。
失敗しないようにカードの選び方を行いたい場合には、クレジットカードの作り方を考えておく事が大切です。
年会費無料のクレジットカードを発行しておけば、追加でETC用カードを作れ、お得に使える環境を構築する事が出来ます。
また、クレジットカードのグレードを上げておけば、クレジットカードを使った際のマイルのポイント取得などの特典がより良い物になりますので、使えば使うほどお得です。
ETCを有効活用する為にも、クレジットカード会社の選択は重要な要素です。
年会費や特典などを比較して、ドライバーにとって最適なカードを選択していく事が必要です。
料金所をスムーズに通る為に、ETCは欠かせない物です。