ETCのこと

ETCについて知っておきたいこと

分離型のメリット


ビジネス女性09高速道路の料金を、運転手が直接料金所の係員に支払う必要がなく、運転したまま自動で決済してくれるETCは便利なものですが、これには専用のETC車載器が必要で、いくつかのタイプに分かれています。
ETC車載器のしくみとしては、ETCカードを差し込む本体と、ETCゲートに付けられた無線の装置との情報のやり取りをするアンテナの、大きくは2つからなりたっています。
そのなかでも、本体とアンテナが一体になっているものを一体型、別々になっているものを分離型として区別しています。
本体とアンテナが分離されている場合には、アンテナはフロントガラスの真上などの電波を拾いやすいところに、本体は運転席の下部などの目立たないところにそれぞれ設置することが可能です。
その結果として、車載器に差し込んでいるカードが外からは見えにくく、防犯上の効果があるほか、コンパクトカーなどの室内がせまい車種については、大きな機器をダッシュボードなどに据え付ける必要がなく、車内空間が快適に利用できるといったメリットがあります。
本体とアンテナの配線の取り回しがそれぞれ必要になるという点はありますが、こちらについてもカー用品店などプロに施工してもらえばそれほど気になるものではありません。


コメントを受け付けておりません。